【ここから本文】

IR情報

財務ハイライト

第31期(平成25年3月期)業績の概要(連結/個別)

単位:百万円

  連結 個別
当期 前年
同期比
構成比 当期 前年
同期比
構成比
1 売上高 13,786 △17.5% 100.0% 13,379 3.6% 100.0%
2 売上総利益 1,594 △14.1% 12.0% 1,579 △8.0% 11.8%
3 営業利益 △53 △0.4% △11 △0.1%
4 経常利益 0 0.0% 45 0.3%
5 当期純利益 △46 △0.3% 182 1.4%
6 1株当たり当期純利益(円) △9円85銭 38円52銭
7 総資産 7,211 △12.0% 100.0% 7,160 △3.9% 100.0%
8 純資産 3,649 △1.2% 50.6% 3,637 5.3% 50.8%
9 1株当たり純資産額(円) 770円33銭 △1.2% 767円79銭 5.3% -

第31期(平成25年3月期)セグメント別業績(売上高 連結/個別)

単位:百万円

  連結(前期比) 個別(前期比)
音楽映像ソフト 9,564 △22.5% 9,564 4.2%
コンシューマーゲーム 1,929 △6.8% 1,929 △6.8%
関連商品 515 △11.5% 515 11.0%
その他 928 35.6% 920 41.1%
小売事業 847 △17.4% 449 △18.0%
合計 13,786 △17.5% 13,379 3.6%

第33期(平成27年3月期)重点課題

1.音楽映像ソフトのシェア拡大

当社総販売元、販売タイトル維持・拡大による市場でのシェア拡大
業務効率の向上 推進による収益力の強化

2.オリジナルサービスの「CSR」の導入促進

新たに始めたレンタル店向けのオリジナルサービス「CSR」の導入の促進

3.TPL事業の拡大

音楽映像ソフトメーカーを含め新規受託先の契約獲得

4.新たな事業への取り組み

新たな事業の開始と市場の開拓及び店舗における新たなサービスの開発への取り組み

第33期(平成27年3月期)セグメント別売上高の見通し(連結)

単位:百万円、下段:前期比

  連結 課題/見通し
@音楽映像ソフト 8,900
△6.9%
・映像ソフト市場におけるシェアの確保
・多様化する販売チャンネルの開発等・市場変化への対応
Aコンシューマーゲーム 2,000
3.6%
・新規顧客の獲得に注力し売上拡大
・ダウンロード型のゲームソフト市場への対応
B関連商品 500
△3.0%
・新たな商材の開発
・新規顧客の開拓
Cその他 700
△24.6%
・当社オリジナルのサービス「CSR」の導入の拡大
                                           
D小売事業 900
6.2%
・新たな事業領域の開拓
・店舗における新たなサービスの開発
合計 13,000
△5.7%
 

第33期(平成27年3月期)業績見通し(連結/個別)

単位:百万円

  連結 個別
中間 通期 前期比 中間 通期 前期比
売上高 6,200 13,000 △5.7% 6,000 12,600 △5.8%
営業利益 100 300 100 280
経常利益 100 320 100 300
当期純利益 100 300 100 300
1株当たり
当期純利益(円)
21円11銭 63円32銭 21円11銭 63円32銭

このページの先頭へ戻る