【ここから本文】

会社案内

沿革

月 日 事 項
昭和57年4月 レコードレンタル店の経営を目的として、株式会社中部黎紅堂(形式上の存続会社) を名古屋市中区金山1−6−7に設立
昭和60年4月 レンタル用レコードの卸売事業を目的として、旧シー・エス流通株式会社(実質上の存続会社)を名古屋市中区上前津1−10−21に設立
昭和62年10月 福岡営業所を福岡市博多区に開設
昭和62年11月 東京営業所を東京都豊島区に開設(平成9年4月に東京都立川市に移転)
平成元年2月 大阪営業所を神戸市中央区に開設(平成2年2月に大阪府吹田市に移転)
平成6年3月 本社を名古屋市中川区舟戸町2−37に移転
平成6年7月 レンタル用CDの商品情報を提供するCSI(Customer Satisfying Information Sysytem)の販売開始
平成7年3月 商品開発及び業態提案を目的に、CD・ビデオレンタルとCD,コンシューマーゲーム販売を複合化したサウンド・ベイ植田店を名古屋市天白区に設置
平成7年4月 コンシューマーゲーム機器及びソフトのフランチャイズ(FC)事業を開始
平成7年7月 四国営業所を香川県高松市に開設
平成7年10月 形式上の存続会社である株式会社中部黎紅堂と合併し、同時にシー・エス流通株式会社に社名変更
平成8年1月 CDの販売を目的として株式会社ジェイメックス(名古屋市中川区舟戸町2−37、現連結子会社)の全株式を買収
平成8年11月 名古屋市中区内の中古音楽映像ソフト専門店と輸入音楽映像ソフト専門店を同区内で1ヶ所に移転拡張し、サウンド・ベイ・リパブリック金山店に改称
平成12年4月 DVDビデオソフトの卸売販売を目的として、株式会社ポニーキャニオンエンタープライズとの合弁で株式会社イーネット・フロンティア(現連結子会社)を東京都港区麻布台2−3−5に設立
平成12年6月 株式会社シーエスロジネットに社名変更
平成13年2月 ゲームソフトメーカー物流業務の受託を目的としてTPL(Third Party Logistics)センターを名古屋市港区に設置
平成13年9月 大阪証券取引所ナスダック・ジャパン市場(現ヘラクレス)に株式を上場
平成14年3月 株式会社エコー(本社名古屋市)のレンタル用ビデオソフト卸売事業の営業譲受
平成17年8月 株式会社イーネット・フロンティアの当社保有株式全部を株式会社ゲオ(本社愛知県春日井市)の100%子会社の株式会社グレード・コミュニケーション(現 株式会社ゲオサプライ 本社東京都新宿区)に売却
平成20年7月 株式会社ハブ・ア・グッド(大阪府吹田市)の株式の全部を株式会社音通(本社大阪市吹田市)より取得し当社の子会社とする。(平成22年 1月に事業全部を潟gライに譲渡し、平成22年 3月清算)
平成21年6月 株式会社トライ(東京都板橋区)の株式の全部を株式会社星光堂(本社東京都豊島区)より取得し当社の子会社とする。(平成22年 1月に事業全部を潟nブ・ア・グッドより譲受、商号を潟nブ・ア・グッドへ変更)
平成22年1月 株式会社ムービーチャンネル(東京都中央区)の株式の97%を株式会社衛星劇場(本社東京都中央区)より取得し当社の子会社とする。
平成22年12月 株式会社アイ信(東京都豊島区)より同社の事業の一部(映像ソフトの卸売事業部門)を譲り受ける。
平成26年4月 TOBによりテクタイト株式会社が親会社となる。
平成26年9月 LED導光板「LumiSheet」の加工を行うC&D Lightec株式会社を合弁で設立
平成27年6月 AVOXブランドのDVDプレーヤーや各種記録メディアなどを卸販売する株式会社CSMEを100%子会社とする。
平成27年10月 LED事業部を新設
平成27年12月 株式会社CSMEを吸収合併し、デジタル・コンシューマー事業部を新設
平成27年12月 韓国「DAEWOO」ブランド家電を扱うシーエス大宇販売株式会社設立を発表
平成27年12月 「hp」ブランドの光メディア製品独占販売開始を発表

このページの先頭へ戻る